ゆとり世代とさとり世代とニトリ世代




Pocket

こんにちは!

興味深いネタを見つけました。

誰が決めているかわからないけれど、5年ごとくらいで

「〇〇世代」

とひとまとめにして呼ばれるようになりました。

ゆとり世代、さとり世代ときて、今の世代は

「ニトリ世代」

と表現していました。

語呂がめちゃくちゃ良くて感動していたのですが、実はドンピシャの理由でした。

ニトリと言えば「お、ねだん以上」ですが、
ニトリ世代は「給料が低くても、お値段以上の働きを求められる世代」という意味だそうです。

理由が深すぎます!
いろんな背景はあると思いますが、相手に求めることが多くなったということでしょう。

お値段以上の働きをすることはすごくいいことだと思うのですが、やりたくてやるのと、求められたからやるのとでは、雲泥の差があります。

今年の流行語大賞にノミネートされそうな気がしています。

他に〇〇り世代があるか、考えてみました。

間借り世代
一部までは介入するけど、どっぷりと相手のふところに入ろうとはしない。

ん~、思いつかない!

もっとセンスを磨かねば!