パソコンでの文字入力の予測変換を調整してみた




Pocket

こんにちは!

Windowsをアップデートしてからか、文字入力の予測変換がむちゃくちゃ早くなっています。

キーボードは見ずに打てるし、仕事でもパソコンで文章を打つことが多いので、打つのがそんなに遅い自覚はないのですが。
ちょっと油断すると、予測変換された文字が入力されてしまいます。

しかも、大体は入力したいのと違う文字。
すごくせっかちな人に手伝ってもらっている感覚です。

これでは仕事が増えるだけだと思い、予測変換を調整することにしました。

予測変換を調整、って具体的にどうやるんだろう?
と思いながら、調べてやった方法をお伝えします。

画面の右下(ツールバーの右側)にある「あ」もしくは「A」のアイコンを右クリックします。
右クリック後、「プロパティ」を選択します。

「Microsoft IMEの詳細設定」になります。
下の方にある「詳細設定」をクリックします。

詳細設定のうち、「予測入力」タブをクリックします。
中段に
予測候補を表示する前での文字数
というのが出てきます。

この文字数を2にしたら、2文字入力したときに、その2文字に続く文字や分が予測で出てきます。
1文字では予測候補は表示されなくなります。

これで全て解決できたかわからないけれど、いい方向にいくのでは、と思います。
なにより、予測変換は調整できないと思い込んでいたけど、調整できることを知れたのはよかったです。