ナイキ 創業者




Pocket

こんにちは!

通勤電車での過ごし方を模索した結果、今は読書にはまっています。

最近読んでいてオススメな本がコレ!

SHOE DOG(シュードッグ)
フィル・ナイト

著者の名前は知らなくても、ナイキの創業者といえば、おーーーとなることでしょう。

物心ついたときから、当たり前のようになったナイキ。
スポーツメーカーのトップのイメージが今でもありますが、今のブランドをゼロから作った人です。

創業当時のことをよくここまで覚えているな~と感心するのと、ものすごい熱意と行動力で形にしていったことに刺激を受けています。

靴に出会うまでは仕事に熱中できなかった、というエピソードを知ると、人には適しているものがあるし、光るものは必ずあるよな、とワクワクさせてもらいます。

ナイキが世界的ブランドになって随分経つと思うけど、なぜ今になってこの本がでるんだろう?と疑問にも感じました。
それはともかく、泥臭く積み上げてきたことを知れることは価値がありました。

決して、すごい人だから実現したわけじゃないんだな、としみじみ感じています。

隙間時間があれば読みたくなる本は久々です。
ぜひオススメです!

Related Post