くりぃむしちゅー 上田 司会




Pocket

気付いたらお笑い芸人の枠を超え、名司会者としての地位を確立しいている、
お笑いコンビ くりぃむしちゅーの上田晋也さんです。

前コンビ名の海砂利水魚のときから知っているので、ここまでの躍進はとてもうれしいです。

あまり知らない方もいると思いますので、コンビ名が変わったときの映像を紹介します。

当時大好きで見ていたテレビ番組「ウンナンの気分は上々。」。

コンビ名変更をかけた対決なんですが、
海砂利水魚(現、くりぃむしちゅー)もバカルディ(現、さまぁ~ず)も、コンビ名を変えてからブレイクしています!

今思うと、「気分は上々。」は神番組ですね。

 

上田さんの司会がなぜすごいか、ですが、トーク力はもちろん、たとえ話や豊富な知識があるからです。

あと、テンポやトークの歯切れの良さも好きなので、理由の一つでしょう。

本当にすごいところは、事前準備にあると思っています。

トーク番組といえば、その場で盛り上げてアドリブ勝負!みたいなものと思っていましたが、
上田さんは、事前に出演者と打ち合わせをして、

トークの流れやオチ、ツッコミなどを話し合ってから、本番に臨むそうです。

 

トーク慣れしていない出演者からすると、事前に流れがわかっていると安心しますよね。

安心して本番に臨むからリラックスして話せるし、そこまでしてくれているという安心感や信頼が
言葉に出さなくても出るんだと思います。

出演者は「また上田さんと共演したい」と思うでしょう。
ここまでできるのは、本当にすごいなと思います。

 

ぶっつけ本番で面白くできるか、がお笑いで求められる力と思っていましたが、
事前準備で面白くできるなら、僕でもマネできるな、と感じました。