仕事の結果を出すためにザ・ゴールを読んでみた




Pocket

稼いでいる人や結果を出している人は、ほぼ例外なく読書をしているとよく聞くので、読書量を増やしているところです。

職場の後輩が仕事での結果が頭打ちになっていて、すごくもがいています。
打開策を求めた結果、読書に行きついたみたいです。

ただ、何を読めばいいかわからない、というところで止まっていました。

 

気持ち、すごくわかります!

僕も今でこそ読書をしますが、学生のころは読書が嫌いで、ほとんど読んでいないです。

社会人になって読書を始めた理由は、

「今のままじゃやっていける気がしないからなんとかしたいけど、上司には相談しにくい」

ということで、本に助けを求めたというのが本音です。

 

読書をするようになって約10年、たくさんの本を読んできた中で、仕事に行き詰っている人にオススメな本は
「ザ・ゴール」です。

ベストセラーにもなっているので、ビジネス書を読む人の中では有名です。
コミック版も出ています。

 

内容は読んでからのお楽しみですが、仕事の中でどこを改善したらいいか見えてくるのと、
全体を見るという視点が身に付きました。

どの仕事も作業プロセスを経て完成するわけなので、業種関係なく、どの仕事にも共通することが学べます。

ただ、ネックなのは、ページ数がとにかく多い!!
500ページ以上あるので、読み切るのが大変。

伝えたいことはシンプルなので、ポイントを押さえたい方はコミック版で十分です。

 

ザ・ゴールを読んで、突破口を開いてくれたらいいな~
ちなみに僕は、読んでから明らかに仕事の質が向上しました。

Related Post